曳家(ひきや)とは? [住まいの豆知識]

曳家(ひきや)をご存知でしょうか?
建物を解体せずに移動する工法をいいます。また、建物の基礎部分を建て替える場合も曳家(ひきや)を行います。
「曳家(ひきや)は知っている。しかし、工事を見たことがない。」という方も少なくないのではないでしょうか?
先日、弊社で曳家工事を行いました。住み慣れた住まいの形をそのままに、新設した基礎への移動を行いました。基礎はもちろん、設備工事・断熱工事を施し、住まいが新しく生まれ変わります。

今回は、曳家(ひきや)について、写真と共にご紹介します。

 

レポート1日目 (北面)

before
after
 
曳家工事を開始しました。
準備工程
移動先の基礎・配管を新設 >既存の配管・アンカーのつなぎを取り、家と基礎を引き離す>家を持ち上げる(ジャッキアップ)
>移動用角材を設置する (準備期間:約1ヶ月)
以上の準備が完了し、いよいよ移動開始です。

【Before】は午前、【After】は夕方の状況です。
半日ほどで、赤のラインまで家が移動したことがわかります。
 
 

レポート1日目 (南面)

before
after
正面玄関から見た移動状況です。
玄関右側のけやき柱(点線部分)が、沓石(写真右下)からの距離を移動しています。
 
 

レポート3日目 (西面)

before
after
【Before】は1日目、【After】は3日目の状況です。

壁面(点線部分)が、ウインチ設置部(赤のラインまでの距離を移動したことがわかります。
新設した基礎への移動が完了しました。
 
 

「コロ」

before
after
持ち上げた家の隙間にレールを敷きます。土台とレールの接地部分に枕木コロを設置し、ウインチで曳いて少しずつ移動していきます。

ウインチで曳く

曳屋:(有)金田工業所
ウインチを1名で回し、曳いています。
大きな家をこの1台で、手作業で動かしているのかと、一見して目を疑う光景です。

ワイヤーや枕木・コロの各設置箇所に技術者数名が配置し、コロの移動や点検に気を配ります。



曳家(ひきや)工事完了

所定の位置まで移動後、角材を取り外し、新設した基礎のアンカーボルトに合わせて土台部分に穴を開け、ジャッキダウンを行います。こうして、曳家工事が完了しました。

曳家工事とは、技術はもちろんですが、技術者同士の呼吸を合わせることが大切であり、だからこそ、慎重に手作業で工事を行う必要があるのです。
 
 5000年前の古代エジプト文明では、「テコ」と「コロ」の原理を応用した技術で、大きな建造物が造られていました。曳家技術の原点は、歴史深く、優れた文明の証しであるといわれています。
現代の曳家工法でも、レールを使用し、「コロ」に乗せた建築物をウインチで曳き、目的地まで移動します。
その原理は、今も昔も変わらない伝統的工法なのです。



今回ご紹介した曳家(ひきや)もそうですが、住まいを財産として捉え、永く住み継がれていくことができる家づくりを目指す。それは、環境保全へのひとつの答えであり、これからの社会にむけた資産価値のある家づくりといえます。