冬の節約 ~暖房について~ [住まいの豆知識]

 
朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。
これから冬に向けて暖房機器の使用が増え、夏場同様に電気代がかさみます。『電気代が高くなっても、暖めるためには仕方がない』と、半分諦めてしまう部分もあるでしょう。
 
暖房にかかる電気代。ちょっとした工夫やポイントをおさえることで、節電・節約することができます。

今回は、暖房機器の節約についてご紹介します。
 
 
■ エアコン(暖房)の節約
暖かい空気は上へ流れるので、エアコンの吹き出し口は下向きにするのがポイントです。
そのほか、暖房の設定は20℃〜24℃に設定する二週間に一度はフィルター掃除を行うと節電になります。
※詳しくは夏の節約〜冷房について〜をご覧ください。
 
 
■ コタツの節約
 こまめに温度調節を
  温度調節ダイヤルの「強」と「中」とでは、 「中」の方が消費電力は約20%も少ないそうです。
まめに温度調節したり、少し離れる時でも電源を切るなどすると節約になります。 
 
 
 上掛け・敷布団の併用がおススメ
  掛け布団・上掛け布団・敷布団を併用すると、5〜15%の省エネになります。 
掛け布団の厚さを3cmから10cmのものに替えるだけでも、約20%の省エネになります。
 
 
電気カーペットの節約
 こまめに温度調節を
  コタツ同様、こまめな温度調節が節電につながります。電気カーペットの下に保温性に優れたマットや布を敷くと、熱が逃げにくくなり省エネ効果がUPします。
 
 
 エアコンとの併用で、より暖かく、より節約に
  エアコンと電気カーペットを併用すると、体感温度は 室温よりも高く感じるので、20℃くらいの設定でも充分。エアコンだけの時に比べ約25%も省エネになります。
 
 
 暖まるには電気カーペットの上で座布団クッションなどの使用を控えましょうまた、下着や衣類で調節することも節電・節約のポイントです!