外壁工事

構造用耐力面材(ケナボード)設置完了
外壁工事を開始しました。
間柱の外側に構造用耐力面材(ケナボード)を設置しました。
木摺下地設置完了
構造用耐力面材(ケナボード)の外面に防風・防水・透湿シート(タイベック)を貼り、通気層を確保するため通気胴縁を設置します。
木摺下地の設置が完了しました。

K様の住まいは、天井・外壁・床下のすべてに、セルローズファイバー(断熱材)を後から吹込みます。
車庫
車庫部、ガルバリウム鋼板 リブサイディング張が完了しました。
アスファルトフェルト、メタルラス設置状況
左官工事を開始しました。

木摺下地の上から、アスファルトフェルト、メタルラスを設置します。
外壁仕上げ(下塗り)
 メタルラス設置後、通常使用するモルタルの代わりに、自然素材100%で構成された外装仕上げ材を塗ります。

軒裏は杉板張り、木材保護着色塗料で仕上げます。
外壁仕上げ
こちらの外装仕上げ材は、火山灰シラスを主原料としています。
化学物質を使用しない、というご家族の健康を第一に考えた家づくりを実現させるため、K様は外壁においても自然素材100%の仕上げ材を採用されました。

塗装吹付け等の処理を施さずに仕上げる「そとん壁」。職人さんの左官仕上げに力が入ります。
現場レポートTOPへ