地盤改良

柱状改良工法
地盤調査の結果、軟弱層が2.0mを超えて分布しているため、柱状改良工法を適用しました。

軟弱地盤から良好地盤に達する深さまで、セメントミルク*を注入して地中に柱状の杭をつくります。



*セメント系固化材(無機質系無公害)と水を混ぜたもの。
地盤改良完了

改良杭によって補強された地盤をつくり、建物を安全に支持することが可能な状態にして、基礎工事に進みます。

地盤改良が完了し、整地を行います。
 

現場レポートTOPへ