中野市北部にあるこちらの住まいは、周囲に違和感を与えない色使いでありながら、モダンな雰囲気の佇まいです。多雪地域にあるため、落雪タイプの片流れ屋根にすると共に、通常より太めの構造材を用い、内部に露出させることで、ダイナミックな空間を演出しています。
 
-DATA-  
完成  :平成17年10月
構造  :木造2階建 
床面積 :132.53㎡(40.09坪)
建設地 :中野市
 
特徴  :
屋根 ガルバリウム鋼板
床 サクラ無垢
内壁 漆喰
天井 小屋あらわし
外観
LDK
2階から見下ろす
和室
和室
2階 ホール
2階から見下ろす
玄関ポーチ
1階 寝室